> メルボルン英語学校 > Exprolre English > 【オーストラリア留学】Explore Englishバリスタコース体験してみた!【メルボルン】
2018/08/30

【オーストラリア留学】Explore Englishバリスタコース体験してみた!【メルボルン】

この記事は約 3 分で読めます

 

こんにちは(*^^*) 春の訪れを感じてウキウキしているナツキです!

さて、バイトを探している皆さん、メルボルンで一番需要のある仕事って何だと思いますか?色々あると思いますが、求人広告でよく募集されているものの一つがバリスタ、つまりコーヒーを作ることができるカフェの店員です。なかなか仕事を見つけるのが難しいメルボルン、バリスタを学んで仕事のチャンスを増やすのもアリなのでは…?

ということで、今回はバリスタコースを提供するExplore Englishにお邪魔しました^^

 

教室

今回のバリスタコースの会場はこの広いキッチンをそなえたラウンジ。(逆光でわかりづらいですが)水色の壁が目を引く、カラフルで明るいラウンジで筆者はとても気に入りました♪ 練習用に使えるコーヒー豆や牛乳、ラテやカプチーノ用のマグカップとソーサーも、コーヒーを作るのに必要なものが全て揃っていました。コーヒーマシンは5人同時に練習できるので、授業中に何回も練習できるのが魅力的ですね!ちなみに、このキッチンでは授業外の時間でも個人練習することもできちゃうそうですよ!

 

Barista Basics体験コース

ここからは、筆者が実際に参加してみた1時間の体験コースの様子をお伝えします^^

今回教えてくださったのは、ニュージーランド出身のGemma先生。バリスタの先生になる前は、15年間バリスタとして働いていたベテランだそうで、期待が高まります…!

まず、最初30分でコーヒーについて基本的なことを教わりました。「基本的」とは言いましたが、コーヒーの成分、コーヒー豆の種類などなど、覚えることはいっぱい。普段コーヒーを飲んでいても知らないことがいっぱいで、会場では「へー」「なるほど~」という声が何度もあがっていました。知らない事を英語で習うので少し不安でしたが、先生が書いてくれたイラスト付きのホワイトボードを使いながら、わかりやすく丁寧に教えてくれたので、ほぼ問題なく学ぶことが出来ました!

後半は実践編。今回はみんなでカプチーノを作ってみました。まずは、先生のお手本を見ながら、手順を一つ一つ覚えていきます。一通り覚えたところで、参加者が一人ずつチャレンジしてみるのですが… 頭ではわかっていても実際にやってみると難しく、参加者全員大苦戦^^; でも、先生が一人一人について一緒に手を動かしながら教えてくれるので、安心して作ることが出来ました。

筆者は先生と一緒にハートのラテアートにもチャレンジしました!難しい…。

最後は自分で作ったコーヒーを飲みながら先生と雑談。とても充実した1時間になりました。

なお、実際の3時間コースではカプチーノだけでなく、ラテやフラットホワイトなどあらゆる種類のコーヒーについて学びながらその場で練習させてもらえるそうなので、もっと充実した時間になること間違いないですね^^

 

Working Experience Programコース

Barista Basicsコースを終えた人で、バリスタとして働くための知識とスキルを身に着けたい人は、4週間のより本格的なバリスタコースを受けてもらうことになります。このコースの特徴は、それぞれの生徒のスキルに合わせたカリキュラムを作ってくれること。それぞれの事前知識や経験、得意・不得意を踏まえてスケジュールを組んでくれるので、自分に一番合ったペースで習うことができます。

また、生徒一人一人へのサポートが手厚いのも特徴の一つ。1クラスが最大5名という少人数制なので、順番に1対1でやり方を教えてもらったり、自分の作ったコーヒーについてアドバイスをもらうことが出来ます。先生もとても面倒見の良い方で、コースの最後には一緒にバリスタの仕事を探すのも手伝ってくれるのだとか。そのおかげもあって、このコースの卒業生の多くがローカルカフェで働いているそうですよ!

 

その他コース

Explore Englishでは、バリスタコースのほかに飲食店で働きたい生徒をサポートするコースを用意しています。

Wait Staff Skills Course

「バリスタの知識は持っているけど飲食店で働いた経験がない」「どうやって英語で接客すればいいのかわからない」そんな方にオススメなのがこのコース。2時間でオーストラリアのカフェで接客するのに必要な知識を教えてくれます。バリスタに限らずレストランやファストフード店などで仕事を見つけたい人はぜひお試しあれ!

Responsible Service of Alcohol(RSA)

アルコール飲料を扱うレストランやカフェで働くのに持っていなければならない資格がこのResponsible Service of Alcohol(RSA)。たった4時間で取得することが出来ます。これから飲食店で働こうと考えている人は、履歴書に書ける資格なのでぜひ面接前にとっておくことをお薦めします!

 

いかがでしたか?Explore Englishのバリスタコースが気になった方は、ぜひ学校特集もチェックしてみてくださいね!

 

 

 

ブログランキング参加中↓↓↓↓↓↓記事が面白いと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

留学に関するお問い合わせ

フィリピン・オーストラリア留学のご相談、執筆依頼、特集依頼については留学JPメルボルン支店までお気軽にお問合せください!

ライター

NATSU

体は小さくても夢は大きく!好奇心旺盛な女子大生。現在休学してオーストラリアでワーホリ中。ドイツ留学経験あり。一人でフランスに遊びに行くほど大の旅行好き。現在美味しいスイーツを求めてメルボルンのカフェを開拓中。

NATSUの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

ランキング

イチオシ記事

留学JPオンライン英会話