> フィリピン留学 > オーストラリアからフィリピン > 【前編】2か国留学の成功は、出発前に80%が決まっている!?
2018/06/27

【前編】2か国留学の成功は、出発前に80%が決まっている!?

この記事は約 3 分で読めます

 

近年、フィリピン留学は一般的な選択肢となってきましたが、2か国留学をする場合はどのようにしてプランを立てていますか?中にはとにかくフィリピン留学をして、あとは何とかなるだろう、オーストラリアなどの2か国目ではまた英語の勉強をすればいいだろうと考えている人が多いように思います。

しかし、それは本当にあなたにとって有意義なプランなのでしょうか?

確かに英語力をアップさせるという目的であればよいかもしれません。帰国までにTOEIC900以上とるぞ、IELTS6.5以上を目指すぞ、という場合は1年かけてじっくりやってみる価値はあるでしょう。しかし、フィリピン留学へ数か月行き、2か国までまた数か月程度学校に通ってみたくらいでは英語力は正直そんなに伸びません。それが現実です。ネイティブと対等に渡り合えるくらいの英語力を身に着けている人は少なくとも筆者の周りでは見たことがありません。

 

2か国留学をとことん充実させるなら?

関連画像

フィリピン留学は英語力が伸びるから何となく行ってみた、という人が少なくありません。実際にフィリピン留学は、勉強時間が欧米圏の何倍もあるためほっておいても英語力は伸びていくことは常識ともいえますが、ほとんどの人が具体的な目標もないまま英語の学習を続けているのが現実ではないでしょうか。

そして口をそろえて言うのが、「思ったより英語力伸びなかった」というものです。

しかし、これは実際には目標設定や留学プランがあいまいなことから来るものです。実際に本人が思っているより英語力は伸びていますが、本人のイメージがあまりにふんわりとしているためなかなかどのくらい伸びたかというところまではわからないのが実際です。

そのため、オーストラリアやカナダへ行ってもなんとな~く勉強して、なんとな~くバイトして、気づいてたら一年終わっていた!というパターンがほとんどではないでしょうか。せっかく2か国目に留学しているのであれば、英語力も伸ばしつつ、将来のキャリアになる経験もしつつ、そして友人なり恋人なり、現地の人と関わっていきたいですよね。

しかしそんな留学生活を実現する人は全体の数パーセントにも満たないでしょう。

 

留学生活の成功は、留学前に80%が決まっている

「80 percent」の画像検索結果

と、書いてしまうと夢も希望も無くなるかもしれませんが簡単に説明すると、充実した留学生活は事前のプランが命ということになります。というのも、最初のスタートこそが肝心なのが留学です。みなさんの周りにも、最初に学校も行かず、英語力も足りず、日本人と一緒にアルバイトをし、日本人の友達と常に過ごしているうちにワーホリ終わっちゃった。という人はいませんか?帰国してみたものの1年間なにもチャレンジしたことがなく、転職するにもネタがないぞ…というパターンはわりと一般的です。

そのため、事前のプランはしっかり立てるべきです。留学カウンセラーを頼りっぱなしにするわけではなく、主体的にプランを考えるようにしましょう。

 

英語学習の目標設定とステップアップ

「higher」の画像検索結果

それでは英語力を伸ばし、将来のためになるような内容を学習できるプランはどこにあるのでしょうか?2か国留学の場合は、時間や期間がたっぷりとれることが最大のメリットです。例えば、オーストラリアのみの1年間で英語の学習も専門分野の学習もどちらもしようと思った場合はかなりタイトなスケジュールになるでしょう。英語力アップさせているうちにビザが切れてタイムアップ!ということもあります。しかし、2か国留学の場合は違います。

・1か国目フィリピンで英語力を伸ばす

・2か国目オーストラリアですぐに専門領域の学習に入る

こちらの方法でトータル1年でも有意義な学習プランを立てることができるといえるでしょう。多くの人が英語力を理由に専門学校などで学ぶことに抵抗を持っていますが、実際には大学でない限りはIELTS5.5(TOEIC600~700点)相当で専門学校で学び始めることが可能です。専門コースについては3か月程度から3年まで取得できる資格によって変わってくるため、現実的には将来働きたい分野、現在働いておりそれに関連する分野を勉強するとスムーズに帰国後のキャリアアップができるでしょう。

フィリピン留学失敗の理由は、ほとんどが初期の目標設定を怠ったことに起因します。そのため、フィリピン留学が終わるまでにはTOEIC700点、IELTS5.5以上といったように、必ず目標設定をし、達成できるようにしておきましょう。

 

2か国目で学習できる専門コース

「vocational」の画像検索結果

例えば、専門コースであればほとんどの学校で職業につながるような内容を提供しています。ビジネスといったスタンダードなものから、会計、コミュニケーション、観光、グラフィックデザイン、音楽、ホスピタリティ、農業、などなど分野は幅広くなるため、将来役に立つ内容を勉強しようと思った場合はカウンセラーに相談をするか、しっかりと自分の目的に合ったコースを探すようにしましょう。

州立の専門学校であれば年間100万~、私立であれば年間70万前後~くらいから留学ができるため、実際にはフィリピン留学×2か国目専門留学で予算を決めておくとよいでしょう。初期費用こそ掛かりますが、オーストラリアではアルバイトができるため後からまた挽回できると考えてもよさそうです。

日本人でも留学生でもない、ローカルの友人はどこでできる?

以上学習面の充実について記載しましたが、プライベート面ではどうでしょうか。この件については次回の後編の記事で詳細に書きますのでお待ちください。

 

というわけで、今回の前編ではどうすれば留学中、勉強面での充実を図ることができるのかをまとめてみました。信頼できるカウンセラーとともに、今後の長期的な人生の充実につなげるためにじっくりプランを立てましょう。とはいえ、現在オーストラリアにいる、すでに留学が始まってしまっている場合もまだ遅くはありません!みなさんの留学が充実したものになりますように。

後編に続く…

 

 

 

 

ブログランキング参加中↓↓↓↓↓↓記事が面白いと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

留学に関するお問い合わせ

フィリピン・オーストラリア留学のご相談、執筆依頼、特集依頼については留学JPメルボルン支店までお気軽にお問合せください!

ライター

Saki

カフェとダイビング、そして犬をこよなく愛する福岡出身のアラサー女子。 スペイン1年、フィリピン1年半、オーストラリアへ留学し、英語とスペイン語と博多弁を話すトリリンガル。TESOL(英語教授法)と留学カウンセラー資格を生かして留学JPメルボルンで働いています。ネタはたくさんあるので何でも聞いてください!

Sakiの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

ランキング

イチオシ記事

留学JPオンライン英会話