> メルボルン生活情報 > 留学中、辛くて帰りたいと感じたらどうしたらいい?
2018/06/22

留学中、辛くて帰りたいと感じたらどうしたらいい?

この記事は約 2 分で読めます

 

短期留学を除いて、基本的に留学は1年以上の長期間にわたることがほとんどです。つまり、短距離走ではなく長距離を走り続けているというイメージでしょう。筆者もスペインへ留学していた学生時代、つらくて辛くて帰りたい!!と思うことはたくさんありました。そんな留学生のために、そうなってしまった場合はどうしたらいいかまとめてみました。

 

思い切って一時帰国してみる

関連画像

実際にどこの国に留学しているかにもよりますが、そこまで距離が遠くない場合は思い切って一時帰国するのも一つの方法です。というのも、留学先で悩み始めると視野が狭くなってしまい適切な判断を下すことができなくなることがよくあります。いったん日本へ戻り、クリアな状態で物事を見つめたほうがいいかもしれません。

 

1週間以上の一人旅に出かけてみる

関連画像

日本に帰るのが難しい、という場合はひとまず一人旅に出てみるのも方法です。ここで友人同士で行くと気を使って休まらない場合もあるので、一人で行くのがおすすめでしょう。じっくり自分の内面と対話を図る良い機会になるかもしれません。オーストラリアはバッパーなどの安宿も充実しているのでコストを抑えつつゆったりと旅をすることができるでしょう。

新しい趣味を始めてみる

「fun」の画像検索結果

留学中はどうしても人間関係が狭くなりがちなため、何か他にもエネルギーを分散させる場所があったほうがいいでしょう。日本でやっていた趣味や好きなことがあればそれをやるのが一番ですが、万が一ない場合でもオーストラリアでは様々なコミュニティが充実しています。そのため、そのコミュニティに参加して友人を作ることでホームシックや余計なことを考える時間を減らすことができます。

読書に没頭する

「reading book」の画像検索結果

家から出たくない、何もしたくないというところまで悪化した場合は読書がおすすめです。自分の気が向いたジャンルの本や、悩みを解決できそうな本を調べてとことん読み倒しましょう。ひたすら読書をする時間を持つことで、自分の内面がより充実してホームシックや留学中の鬱な気分が和らいでいきます。

日本にどっぷりつかってみる

「youtube」の画像検索結果

これは留学中の日本人の中ではかなりポピュラーなものになりますが、Youtubeなどで日本のバラエティ動画を見たり、音楽を聴きまくるという方法もあります。それによって一時的なホームシックを和らげることはできますが、根本的な解決にはならないため筆者個人的にはおすすめはしていません。しかし、もう何もできないくらいつらい!という場合はこの方法で一時的に平常心を取り戻すのも方法でしょう。

 

以上が留学中に鬱になった場合にできることのまとめでした。みなさんも適度に息抜きしながら、留学生活を乗り切りましょう。

ブログランキング参加中↓↓↓↓↓↓記事が面白いと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

留学に関するお問い合わせ

フィリピン・オーストラリア留学のご相談、執筆依頼、特集依頼については留学JPメルボルン支店までお気軽にお問合せください!

ライター

Saki

カフェとダイビング、そして犬をこよなく愛する福岡出身のアラサー女子。 スペイン1年、フィリピン1年半、オーストラリアへ留学し、英語とスペイン語と博多弁を話すトリリンガル。TESOL(英語教授法)と留学カウンセラー資格を生かして留学JPメルボルンで働いています。ネタはたくさんあるので何でも聞いてください!

Sakiの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

ランキング

イチオシ記事

留学JPオンライン英会話