> メルボルン生活情報 > 【格安!!】図書館のピアノ練習室の使い方
2018/06/12

【格安!!】図書館のピアノ練習室の使い方

この記事は約 2 分で読めます

 

メルボルンという大都市といえども、やはり日本のように不自由せずに生活するのは難しいですよね。日本食、使い慣れた日用品、趣味など、我慢しなければならないものが多いのが事実です。特に、ピアノなど楽器が趣味の方は、練習する場所がなく、そもそもピアノを持っていなくて、寂しい思いをしていませんか。

そんな音楽を我慢している皆さんに朗報です!なんとメルボルン市内でピアノの練習室たった2ドルで使える場所を発見しました!!さっそく見ていきましょう^^

 

ロケーション

ソース画像を表示

今回訪れたのはLibrary at the Dockという図書館。ドックランズ(Docklands)という、サザンクロス駅の反対側にある港エリアにあります。シティから出ているトラム11番と48番を終点まで乗ると、目の前にある大きな建物が図書館です。ちなみに、図書館の入口がわかりづらいのですが、正面に一つ、向かって右側に一つあります。

 

練習室の様子

入口から入ってすぐ目に入る階段を一番上まで登っていきます。2階(日本でいう3階)まで登ったら、左側の扉を開け、左に曲がると、「Practice Room」と書かれた二つの練習室が並んで見えます。「Practice Room 1」にはキーボード、「Practice Room2」にはアップライトピアノが備え付けられており、どちらも防音になっています。

 

こちらがPractice Room2の中の様子です。ピアノの他に背もたれのないピアノ椅子が2台用意されています。鏡も用意されているので、演奏フォームのチェックなども可能です。スペースが小さめなので、1~3人の入室が可能です。ちなみに、このピアノは電子ピアノで、ところどころ弾きづらいキーがあります。もっとクオリティの高いピアノをお求めの方は、ぜひシティ・ライブラリーやメルボルン・セントラルなどに置いてあるストリートピアノを試してみてもいいかもしれません。

 

練習室の使い方

この練習室は完全予約制になっています。使用可能時間は、一回につき一時間(片付け、入れ替え時間込み)。平日の午前中など比較的空いている時間帯に行くと、次の利用者が来るまで使わせてもらえます。2階のデスクにいる司書さんに「〇時に予約がある」と伝えると、前に使っている人に声をかけてくれて、その人が部屋を出た後入室できます。そして、そこから一時間、正確には司書さんに声を掛けられるまでその部屋を使うことができます。

 

予約方法

 

ホームページで予約が出来ます。少しわかりづらいので、順を追って説明します。

予約フォームはこちら

 

まず、日付、時間、入室する人数、場所(Library at the Dock – PR)を指定し、「SEARCH」をクリック。

 

予約可能な日時の場合は次のページに進むので、場所をもう一度選択し、「ADD SPACE&CONTINUE」をクリック。EventTypeは空欄で大丈夫です。ちなみに、ここで時間を変更しても予約内容に反映されないようなので、もし変更したければ「CANCEL SEARCH AGAIN」をクリックして指定し直しましょう。

 

赤い*印があるところにイベントの名前と詳細を記入します。個人的な使用なので、簡単に「○○の練習」等で大丈夫です。書き終わったら「SUBMIT」をクリックします。

 

この後、サイトへのログインを要求されます。初めて利用される方は、必要情報を記入して個人アカウントを作成しましょう。

 

このように表示されたら予約完了です。登録したメールアドレスにも同じ内容のものが届きます。

 

以上、練習室についてでした!防音環境が欲しい方、ピアノを弾きたい方、ぜひ一度利用してみてくださいね^^

ブログランキング参加中↓↓↓↓↓↓記事が面白いと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

留学に関するお問い合わせ

フィリピン・オーストラリア留学のご相談、執筆依頼、特集依頼については留学JPメルボルン支店までお気軽にお問合せください!

ライター

NATSU

体は小さくても夢は大きく!好奇心旺盛な女子大生。現在休学してオーストラリアでワーホリ中。ドイツ留学経験あり。一人でフランスに遊びに行くほど大の旅行好き。現在美味しいスイーツを求めてメルボルンのカフェを開拓中。

NATSUの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

ランキング

イチオシ記事

留学JPオンライン英会話