> メルボルンのグルメ情報 > カフェ > カフェに行く前に知っておこう!オーストラリアのコーヒーの種類
2018/05/24

カフェに行く前に知っておこう!オーストラリアのコーヒーの種類

この記事は約 3 分で読めます

 

 

メルボルンはカフェの街。繁華街から郊外まで、ありとあらゆるところにカフェがあります。メルボルンに来たのなら、一度はカフェに入ったことがあるはず。でも、いざお店に入ると、メニューに並んでいるのは見慣れない名前ばかり…そうなんです!ここオーストラリアには独自のコーヒーや特殊な呼び方がたくさんあるんです!

そこで、カフェに入っても困ることなく、自分に合った美味しいコーヒーが注文できるよう、今回は日本人の知らないオーストラリアで定番のコーヒーをご紹介します(^^)

 

ロング・ブラック(Long Black)

オーストラリア独自のコーヒー。コップに先に入れておいたお湯にエスプレッソを注いだもの。日本で飲まれるアメリカンコーヒー(ブラックコーヒー)に一番近いのがこのロング・ブラック。同じ作り方だと思われがちですが、実はアメリカンコーヒーはエスプレッソが先なのです。ロング・ブラックは、エスプレッソを落とした時にクレマという苦み成分が表面に残るので、アメリカンコーヒーとは違った味わいが楽しめます。

 

似た名前ですが、ショート・ブラック(Short Black)はいわゆるエスプレッソ。一口サイズの専用のコップに入って出てきます。日本ではあまり見かけませんが、オーストラリアではテイクアウトも可能!朝大きな駅に行くと、小さな紙コップを持って颯爽と歩くサラリーマンが見られます。

 

 

フラット・ホワイト(Flat White)

ソース画像を表示

エスプレッソにスチームドミルクを注いだもの。これもオーストラリアでしか味わえない独自のコーヒー。日本でいうミルクコーヒーに近く、まろやかな味わいが特徴です。

ところで皆さん。このフラット・ホワイトとラテ(Latte)カプチーノ(Capccino)の違い、わかりますか?その違いは、実はミルクの種類と割合にあるんです。ラテはエスプレッソにスチームドミルク(蒸気で温めたミルク)がたっぷり注がれた後、一番上にフォームドミルク(泡立てたミルク)が少しだけ乗せられたもの。独特の軽い口当たりが楽しめます。ミルクの層が綺麗に見えるようにと耐熱グラスに入れられるのも特徴ですね。一方、カプチーノはエスプレッソ、スチームドミルク、フォームドミルクが1:1:1の割合で注がれ、ココアパウダーがトッピングされたもの。エスプレッソの味がより引き立つようになっています。ミルクの量だけで名前も味わいも違ってしまうなんて、コーヒーの世界は深いですね…

 

 

アイスドコーヒー(Iced Coffee)

ソース画像を表示

日本のアイスコーヒー(冷たいコーヒー)ではありません!オーストラリアでは氷をコーヒーに入れることは少ないようです。アイスドコーヒーはここではエスプレッソに冷たいミルクを注ぎ、アイスクリームや生クリームをトッピングした飲み物を指します。どちらかというと、コーヒーフロートに近いかもしれませんね。甘党の方にぴったり!

もっと甘いものが欲しい方にはアフォガート(Affogato)がおすすめ。これは、アイスクリームにエスプレッソをかけたデザートの一種。これもカフェで提供されていることが多いです。暑い季節にはもってこいですね。

 

 

カフェ・モカ(Mocha)とマキアート(Macchiato)

ソース画像を表示

モカとはここでは「チョコレート入り」の意味。エスプレッソにチョコレートとスチームドミルクを加え、フォームドミルクやホイップクリームをトッピングした飲み物を指します。ちなみに、「モカ」という言葉にはイエメンやエチオピア産のコーヒー豆とイタリアの自家製コーヒーの意味もあるそうです。

マキアートも甘い飲み物かと思いきや、ここではエスプレッソに少量のスチームドミルクを加えたもののことを言います。つまり、甘い要素はどこにもないんです!ストレートのエスプレッソは飲めないけど、苦みの強いコーヒーが飲みたいという人にオススメです。

 

 

ベビーチーノ(Babyccino)

ソース画像を表示

ホットミルクの上に泡立てたミルクをのせ、ココアパウダー(地域によってはシナモンパウダー)をトッピングした飲み物。お母さんと一緒にコーヒーを楽しめるようにと小さなお子さん用に用意されたものなので、小さな可愛らしいコップに入っています。20年前オーストラリアで流行り始め、今ではアメリカやイギリスなど様々な国のカフェで提供され、日本でもマックカフェで50円で楽しめるそうです。

ちなみにこのベビーチーノ、オーストラリアに住んでいても見たことのある人は少ないのではないでしょうか。それもそのはず。ベビーチーノは、メニュー上にない裏メニューなのです。提供しているお店は限られますが、無料または格安で提供してくれます。メルボルン市内では、Hudson Coffee, The Coffee Club, Gloria Jeans などのチェーン店で提供されているので、興味のある方はぜひカフェに行った際尋ねてみてください。

 

 

お知らせ

この記事を読んで、オーストラリアのコーヒーを試したくなったあなたに朗報です!なんと、留学JPは来週木曜日にメルボルン有名カフェツアーを開催することにしました!!!参加無料、しかもコーヒー1杯プレゼント!タダでフラット・ホワイトやロング・ブラックを試すチャンスです!!!!

詳細はこちら

これを機にぜひ美味しいカフェを知って、美味しいコーヒーを楽しんでくださいね(*^^*)

 

 

ブログランキング参加中↓↓↓↓↓↓記事が面白いと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

留学に関するお問い合わせ

フィリピン・オーストラリア留学のご相談、執筆依頼、特集依頼については留学JPメルボルン支店までお気軽にお問合せください!

ライター

NATSU

体は小さくても夢は大きく!好奇心旺盛な女子大生。現在休学してオーストラリアでワーホリ中。ドイツ留学経験あり。一人でフランスに遊びに行くほど大の旅行好き。現在美味しいスイーツを求めてメルボルンのカフェを開拓中。

NATSUの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

ランキング

イチオシ記事

留学JPオンライン英会話