> メルボルン生活情報 > 【オーストラリア】国民的朝食Weet-Bixってなんだ!!
2018/05/23

【オーストラリア】国民的朝食Weet-Bixってなんだ!!

この記事は約 3 分で読めます

 

皆さんこんにちは。1日の始まりの朝ごはん、みなさん何を食べていますか?ちなみに私はヨーグルトとパンをよく食べています。どちらもオーストラリアで安い!笑 日本ではあまり馴染みのないオートミールも個人的にはよく食べています。ちなみにオーストラリアではどんな朝食がよく食べれているんでしょう!

皆さんWeet-Bixってご存知ですか?スーパーなんかで見たことがあるんではないでしょうか。見た目上あまり美味しそうではなかったので試してはいなかったのですが、オージーとスーパーに買い物に行った際、Weet-Bixを大量買いしていることに衝撃!その後Weet-Bixを実際試し以外と美味しくとても便利な食べ物だったのでみなさんとシェアしたいと思います!

Weet-Bixとは

 

Weet-Bixはオーストラリアとニュージーランドの両方で象徴的な国民食糧としてみなされている、ビスケット状に固めてある全粒小麦シリアルです。2個を一食分とする人が多いようです。ちなみに数え方は1weetbix,2weetbix,3…、4…というのが一般的なようです。笑 この製品は1985年以来オーストラリアで発売されており、キャッチフレーズは “Aussie Kids are Weet-Bix kids”となっています。キャッチフレーズからも国民食!!という匂いがしますね!

健康志向が高いオーストラリア人が子供に押している製品です。体にいいものが入っています。ちなみにWeet-Bixの原材料は全粒小麦(97%)、粗糖、塩、大麦モルトエキス、ミネラル(グルコン酸亜鉛、鉄)、ビタミン(ナイアシン、チアミン、リボフラビン、葉酸) となっています。また、近年では色々な種類のWeet-Bixが発売されているようで色々楽しめそうですね。

全粒小麦とは

Weet-Bixの原材量のほとんどを占める全粒小麦ですが、名前は知っているけど実際どのようなものなのかいまいちよく知らないという方もいるのではないでしょうか。小麦の表皮、胚芽、胚乳をすべてしたものです。それを粉にして使われることがある全粒粉と言っています。全粒粉は英語ではwholemealといい、白い食パンでなく少し茶色いwholemeal のパンを買う人もオーストラリアではよく見かけます。というのも胚乳だけを用いる通常の小麦粉と比べ栄養価が高く、薄力粉と比較して3倍程度の食物繊維や鉄分を含み、ビタミンB1の含有量も高いので、健康を目的として用いられることも多いようです。 

 

見た目

箱を開けるとこんな感じ。個装ではなく一つのビニールにざっくり入っています。茶色い板!のような、、、日本では馴染みがない見た目をしています。食感はコンフレークより軽く、パリパリ・ホロホロしているので袋から出すときは崩れやすいので要注意。

 

味・食べ方

Weet-Bix自体はほんのり甘く、コーンフレークをさらに素朴な味にした感じです。食べ方としてはパッケージの写真でも使われているように、ミルクと一緒に食べるのが最も基本です。バナナやイチゴなどのようなフルーツを入れて食べるのも人気のようです。人によって、牛乳をかける前にWeet-Bixを崩したり(その崩し方の荒さも調節できます)、牛乳を入れてからWeet-Bixを崩したり、様々なようです。ちなみにWeet-Bixは水分の吸収力が半端ない!なのでシリアルはサクサクなうちに食べたいという方は牛乳をかけてから時間をかけずに食べることをオススメします。そうでないとかなり早い段階でサクサク感がなくなってしまいます。私は食感を感じて食べたい派なので牛乳をかけたら速攻で食べます!!ちなみにヨーグルトと一緒に食べるともう少し長い間食感を楽しめますよ。また、Weet-Bixを牛乳などに浸さずそのまま個体物として食べる食べ方も。パンのようにジャムなどを塗って食べるのもありみたいです。試してみて美味しかったのがオープンアボカドWeet-Bix! Weet-Bixにアボカドを塗って塩胡椒で味付けるだけ!簡単でオススメです。

 

Weet-Bixを使った人気レシピWeet-BixSliceレシピのご紹介

 

 

材料①(スライス土台) 

3 weet-bix        崩したもの

小麦粉         1 ・1/2 cup

ベイキングパウダー   2ティースプーン

 乾燥ココナッツ     1cup

マーガリン or バター   125g

ブラウンシュガー    3/4 cup 

ココナッツ       デコレーション

材料②(アイシング)

アイシングシュガー   3/4 cup

ココアパウダー     2ティースプーン

バター         50g

お湯          2ティースプーン

作り方

STEP1: まずはトレーにバターをなじませてベーキングペーパーを敷きます。

STEP2: 材料①のバター以外を全て混ぜたら、溶かしバターorマーガリンを入れ更に混ぜます。

STEP3: STEP2 でできたものをトレーに入れ押し固めます。その後180℃のオーブンで20〜25分焼きます。

STEP4: アイシングは材料②のバター以外のものをよく混ぜ、その後溶かしバターを加えます。それをよく混ぜたら焼きあがったスライスに均等に塗ります。最後に乾燥ココナッツをまぶして出来上がりです。

 

まとめ

今回オーストラリア国民の朝ごはんといえばのWeet-Bixを試してみました。予想外に美味しいことにびっくり!そして食べ方も他のシリアルに比べ豊富です!通常のシリアルのように食べれるだけでなく、パンのように食べたり、お菓子の材料にしたり、、、この便利なWeet-Bix皆さんも是非試してみてはいかがでしょうか!

ブログランキング参加中↓↓↓↓↓↓記事が面白いと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

留学に関するお問い合わせ

フィリピン・オーストラリア留学のご相談、執筆依頼、特集依頼については留学JPメルボルン支店までお気軽にお問合せください!

ライター

TOMO

社会人生活5年間を経て、フィリピン留学3か月の後、オーストラリアへワーキングホリデーへ!!旅行・アウトドアが趣味でとにかくじっとしているのが苦手です。メルボルンでキャンプにはまり郊外に良く足を運んでいるのでそういった情報もお届けできたらと思います。

TOMOの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

ランキング

イチオシ記事

留学JPオンライン英会話