> メルボルン生活情報 > 社会問題 > 【社会問題】オーストラリアに人種差別はあるのか?男女差は?
2018/05/21

【社会問題】オーストラリアに人種差別はあるのか?男女差は?

この記事は約 3 分で読めます

 

オーストラリアに暮らしていて、人種差別を感じたことはありますか?答えは人によってばらばらかもしれませんが、私は幸運にも露骨な差別に関しては感じたことはありません。しかし、実際のところはどうなのでしょうか。今回は少し重いテーマですが、掘り下げて特集をしていきたいと思います。

 

移民に対して寛容な国?

「migration」の画像検索結果

オーストラリアは、毎年多くの移民を受け入れている国です。アメリカンドリームという言葉がありますが、現在はオーストラリアンドリームともいえるくらいに海外から来た人たちがオーストラリアの永住権を獲得し、安全で裕福な国で暮らしたいと願っているのが現実です。特に近年はタイやコロンビア、スリランカ、インドなどから留学生として入国し、そのままオーストラリアの永住権を申請したいと思っている人が多いようです。自国の政情不安や経済的な問題から移住をしたいと強く願っている場合が多く、涙ぐましい努力をしています。

オーストラリアは労働力不足から多くの移民を受け入れてきましたが、近年その流れにも陰りが出ています。現在の首相が移民にはややネガティブなため、法律で外国人が入ってこれないように規制を強める方向で動いています。理由としては人口増加や元々のオーストラリア人の職が奪われてしまうという懸念が背景にあるようです。

 

アジア人は差別の対象か?

関連画像

オーストラリアにおいては、人種的にも多様かつ複雑を極めています。顔はアジア人、だけどオーストラリア人というように日本でいうならば当たり前と考えられている容姿と国籍の一致はこの国にはありません。そのため、見た目は中東やアジア系、インド系であってもどこから来たの?と聞かれたオーストラリア人が気を悪くすることはよくあるようです。

アジア人とひとくくりに言っても様々な国籍があります。日本、韓国、中国、台湾、タイ…というようにアジア人同士であれば見分けのつく国籍も、オーストラリア人からするとどこの国も同じに見えるということもあります。そのため、オーストラリア人的にはアジア人すべてが嫌いという人と、特定の国の人が嫌い、というパターンに分かれるようです。

 

アジア人は安全に道を歩けるか?

「street」の画像検索結果

以前私がスペインに住んでいた時の話です。大学のクラスメイトのアジア人と数名で道を歩いていた時に、Chino!(チーノ!)と叫ばれたことがありびっくりしました。Chinoとはスペイン語で中国人を意味します。スペインでは中国系の移民と折り合いがあまりうまくいっておらず、ほとんどの地元の人が反感を持っていました。

さらに、男性の場合は差別がもっときつかったようで夜道を歩いている時に、向こう側からスペイン人の若い男性グループが歩いてきたようです。すれ違う際に、若者グループの一人が持っていたビンを投げつけられたそうで、非常にショックを受けていました。

オーストラリアにおいては、現時点ではそこまで露骨な差別はあまりありませんが、しかし一定の割合でアジア人を差別しているオーストラリア人がいることも事実です。少し前の話ですが、メルボルンの路上でいきなりアジア人の女性が通りすがりの男性に腹部を殴られるという事件も発生しており、夜道や酔っ払いが多い時の一人歩きなどには注意が必要なときもあります。

人種差別に男女差はあるのか?

「man woman」の画像検索結果

人種差別を受ける場合に、性別差はあるのでしょうか?答えは、YESといえるかもしれません。オーストラリアにおいては、女性が露骨な差別を受けることはあまりありません。しかし、男性のアジア人のほうがやや差別を受けやすい傾向にあります。友人同士で話していても、女性の場合はあまり嫌な思いをしたことはないけども男性はあると答える人がやや多い印象です。

とはいえかなり露骨な差別ではなく、道を歩いているときにからかわれたり、変な絡み方をされたり、少し小突かれたり…という感じです。しかし、普通の教育を受けているオーストラリア人においては差別はほとんど見られません。大体差別を露骨にしてくるのは社会に対する鬱憤を持っている人や、心の状態が良くない人がほとんどだといえるでしょう。

仕事においては完全にフェアな国?オーストラリア

「man woman work」の画像検索結果

オーストラリアは実力主義社会でもあり、たとえ移民であっても女性であっても実力があれば日本よりは昇進の環境は整っているといえるでしょう。むしろ、現地のオーストラリア人よりも移民の働きぶりが優秀すぎて逆にオーストラリア人の雇用がなくなってしまうという問題も起こっています。移民は仕事で認められなければそのままオーストラリアに居続けることができないからこそ、だれよりも頑張って実力を発揮し続ける必要があるといえるでしょう。

差別は気のせいである可能性もある

「気のせい 英語」の画像検索結果

差別というのは状況によってとらえ方や考え方によっては意味合いが変わってくることがほとんどです。明らかに人種的な悪口を言われたという場合は別ですが、たとえばレストランでひどい扱いを受けた、と思っていてもその店員がほかの人にも同じように対応していた、という場合や、じろじろ見られて不快な思いをしたと思っていたけど実は相手は服装などに興味を示していただけだった、などなどです。

基本的に、同じもしくは近い人種のほうが親しみを感じやすいのは事実です。私たちでも、同じクラスに韓国人とイタリア人がいれば話しかけやすいのは韓国人ではないでしょうか?そのため、ちょっと冷たくされた、ちょっと対応が違う、などと感じてもすぐに差別だ!と思ってしまうのは早いかもしれません。

 

以上が人種差別に関するまとめでした。あなたはどう思いますか?是非これを機に友人同士でまじめに話し合う機会を設けてみてください☆

 

 

 

 

ブログランキング参加中↓↓↓↓↓↓記事が面白いと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

留学に関するお問い合わせ

フィリピン・オーストラリア留学のご相談、執筆依頼、特集依頼については留学JPメルボルン支店までお気軽にお問合せください!

ライター

Saki

カフェとダイビング、そして犬をこよなく愛する福岡出身のアラサー女子。 スペイン1年、フィリピン1年半、オーストラリアへ留学し、英語とスペイン語と博多弁を話すトリリンガル。TESOL(英語教授法)と留学カウンセラー資格を生かして留学JPメルボルンで働いています。ネタはたくさんあるので何でも聞いてください!

Sakiの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

ランキング

イチオシ記事

留学JPオンライン英会話