> メルボルン留学情報 > 【留学】学校を選ぶ基準はココ!チェックポイントを公開します
2018/05/15

【留学】学校を選ぶ基準はココ!チェックポイントを公開します

この記事は約 3 分で読めます

 

 

みなさんは大学や専門学校を選ぶとき、どんな基準で選んでいましたか?

かくいう筆者は大学入試時代はなんとなく都会的で、名前が通ってて、かっこよさそうなところ!という単純な理由で志望校を決めたりしていました。スペインへ留学したときは学生でお金がなかったので、単純に学費だけで決めたりしていました。今思えばなんて適当なんだと思ってしまうわけですが、今回はオーストラリアのみならず、海外へ留学する際に役に立つ学校選びの基準をお伝えしたいと思います!

 

その①施設レベル

「facility」の画像検索結果

どの語学学校も、学生さんが快適に過ごせるように環境づくりを行っていますが、どのくらい力を入れているかについてもそれぞれの学校で違ってくるものです。施設の新しい、古いといったポイントはもちろんですが、ラウンジやライブラリー、コンピュータールームといったところは気になるようであれば必ず確認しておきましょう。

その②希望するコース

関連画像

ほとんどの語学学校では一通りのコースをそろえているものですが、学校の中にはユニークなコースやおすすめのコースなど特に力を入れているものもあります。自分が学ぶにあたって、どのようなコースがいいのかをはっきりさせたうえで、評判の良いところを選ぶようにしましょう。

その③講師の質

「teachers」の画像検索結果

毎日顔を合わせて学習をするという点で重要なのが講師の質です。とはいえ、講師に関しては個人の相性もあるため一概に誰もが認める講師というのはほとんど存在しないといってもいいかもしれません。しかし、小さなことですが時間通りに授業を始める、熱意がある、進め方がうまいといったような基本的なポイントを押さえている必要はあるでしょう。

その④スタッフの対応

「staff」の画像検索結果

毎日気持ちよく過ごせるかどうかは学校のスタッフも大きな関係があるといえるでしょう。受付に行って面倒そうに対応された…となってはサポートが必要なときに困ってしまいます。どこの学校もレセプションや日本人スタッフには細心の注意を払っていますが、学校によっては対応がだいぶ変わることもあります。

その⑤アクティビティ

「bbq」の画像検索結果

より多くの学生さんに楽しんでもらうため、学校では様々なアクティビティを用意しています。学校によっては毎日アクティビティを行っていたり、無料のオプショナルクラスをやっていたり、月に1度BBQなどのイベントを行ったりというように工夫がされているので、事前にチェックしておきましょう。

その⑥学校の規模

「big small」の画像検索結果

学校に収容できる人数は決まっており、500名規模の学校もあれば100人程度の小さな学校もあります。規模によって良し悪しは決まるというわけではなく、個人の希望に合わせてというのがポイントです。たくさんの人と交流したい場合は大規模、落ち着いて学習に取り組みたい場合は小規模というように選ぶといいでしょう。

その⑦学生の雰囲気

「friend」の画像検索結果

どんな学校でも、学校生活を充実させるには友達が何よりも大事ですよね。学校によって来る人は違う!?と疑問を持つかもしれませんが、筆者の経験上では学校は学校によってカラーがあります。アットホームだったり、イケイケな感じだったり、落ち着いてたり…という感じなので実際に自分の雰囲気に合った学校を選ぶと友達づくりもスムーズでしょう。

まずは優先順位をはっきりさせよう

「priority」の画像検索結果

以上が語学学校を選ぶ際にチェックすべきポイントですが、すべてが100点満点の学校は存在しません。そのため、自分がどんな学校を求めているのか、何が譲れない条件なのかをしっかりと書き出してみましょう。そこから優先順位をつけて妥協点を見つけたほうが学校選びに関して最後までブレることなく選べると思います。

実際に見てみることがとても大事

「watching」の画像検索結果

とはいえ、日本にいる場合はカウンセラーの意見や情報を聞いて確認することがベストでしょう。しかし、オーストラリアや海外にすでに在住している場合は実際に見て確かめてみることでかなりの高い確率で自分にあった学校を見つけることができるでしょう。百聞は一見に如かずということわざにもあるように、雰囲気などはどうしても行かないとわからない部分もあるためトライアルレッスンなどを利用するといいかもしれません。

決めきれないときは他人の意見も聞こう

関連画像

個人で学校を探した場合によくあるパターンですが、いろいろな学校を見すぎてどの学校に行けばいいかわからなくなってしまった…というものです。その場合はプロの留学カウンセラーに相談するのも一つの方法です。というのも、留学カウンセラーは今まで様々な留学生を見てきているため、その人にあっている学校を見極めることができるという点にあります。不安なようであれば、誰かに相談して決めるというのもおすすめの方法です。

 

以上が学校選びのコツでした。みなさんの学校選びの役に立てれば幸いです!

ブログランキング参加中↓↓↓↓↓↓記事が面白いと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

留学に関するお問い合わせ

フィリピン・オーストラリア留学のご相談、執筆依頼、特集依頼については留学JPメルボルン支店までお気軽にお問合せください!

ライター

Saki

カフェとダイビング、そして犬をこよなく愛する福岡出身のアラサー女子。 スペイン1年、フィリピン1年半、オーストラリアへ留学し、英語とスペイン語と博多弁を話すトリリンガル。TESOL(英語教授法)と留学カウンセラー資格を生かして留学JPメルボルンで働いています。ネタはたくさんあるので何でも聞いてください!

Sakiの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

ランキング

イチオシ記事

留学JPオンライン英会話