> メルボルン生活情報 > 国際恋愛 > オージー女性にモテるポイントをイケメンに聞いてみた
2018/04/23

オージー女性にモテるポイントをイケメンに聞いてみた

この記事は約 3 分で読めます

 

 

前回、外国人の彼氏・彼女ができる方法という記事をざっくり書かせていただきましたが、今回は男性側から見て、どうやったらオージー彼女ができるの!?という疑問にお答えすべく、筆者の元同居人であるオージーとイギリス人のイケメンに伝授してもらった知識を惜しみなく公開したいと思います。

ちなみにオージーの同居人は彼女がおり、1年くらい付き合ってましたが彼女はほとんど途切れることなくいたみたいです。さらに、イギリス人はとにかくめちゃくちゃモテる人で我が家に遊びに来た女性が例外なくあの人だれ!?イケメン!!というくらいモテてました。しかし見た目だけではなく中身も素敵なことはモテに必要であることは言うまでもありません。

前置きが長くなってしまいましたが、以下のポイントさえ押さえればチャンスはあり!ということでチェケラ!(死語?)

 

マッチョな体系をいつでも維持

関連画像
日本と違い、海外の男性はマッチョが基本です。特にオーストラリアは健康志向の人が多く、老若男女問わずジム通いが日課になっていることも珍しくありません。そのため、全体的にマッチョ男性の比率が多いかつ、オージー女性もそれを求めている人は多いといえるでしょう。また色が白すぎる男性も健康的に見られないため、ちょっとは日焼けしておいたほうがいいかもしれません。日焼けしすぎるとインド人と間違われてしまいそうなので気をつけましょうね。

 

料理の腕は磨いておく

「cooking」の画像検索結果
オージー男性は早いうちから自立することもあり、自炊が得意な人が多い印象があります。しかもその料理も健康志向、オーガニック志向のことも多く、必ず野菜やフルーツなどをふんだんに取り入れた食事を作ってくれることも。日本だと彼女に家庭的な料理を作ってほしい…という男性が多いかもしれませんが、オーストラリアでは彼氏が彼女のために料理をするのも一般的なので必ず料理の腕を磨いておくようにしましょう。ちなみに同居人オージーはカレーをスパイスから本格的に作っていました。スゴすぎ。

 

連絡はマメに

「texiting」の画像検索結果
オーストラリア人女性は男性からの細やかなケアを求めています。同居人のオージーは時間のある時はFacebookのチャットや、スナップチャット(写真を送りあうことができるアプリ)を利用して何でもないことでも連絡を取るようにしていました。釣った魚にエサはやらない…ではなく釣ってからが大変なのが外国人女性。マメさはしっかりアピールしておいたほうがいいでしょう。

 

雰囲気を大切に

「candle dinner」の画像検索結果
女性はいつでも素敵な雰囲気を大切にするものです。例えば初デートで選ぶカフェ、そしてディナーで使うお店は夜景が見えるところにする、そして家でご飯を食べるときもただただ食事を用意するだけではなくキャンドルを用意してリラックスしならがいい雰囲気で食事をする、などオージー男性は雰囲気を作ることに並々ならぬ努力をしているようです。

 

ユーモアセンス

「laugh」の画像検索結果
人間見た目も大事ですが、中身も大事です。というわけで、海外で女性にもてるために必須のスキルはユーモア!寡黙でクールなタイプがもてる…という都合のいい話は正直ないと思っていただいたほうがいいと思います。ちょっとした瞬間に機転の利いたギャグが言えれば文句なしでしょう。プライドは捨てて、女性を楽しませるために努力してみましょう。ちなみに同居人2名はどちらも四六時中ギャグを言っているほどユーモアのある男性でした。でも下ネタも多かったかな。

 

割り勘でも心配するなかれ

関連画像
オーストラリアは男女平等の概念が浸透しているため、デート代は割り勘でも問題ありません。最初のデートから割り勘、ということも普通にあるようなので特に気にしなくてもいいかもしれませんが、同居人のモテ男2人は最初のデートは支払うと言っていましたよ。相手のスキ度によっても支払いの方法を変えたりするそうなので、どうしても落としたい女性がいる場合は思い切って全部支払ってもいいでしょう。女性によっては本気で嫌がる人もいるそうなので、数回目のデートで少し話し合ってみるのもいいかもしれませんね。

 

女性の帰り道については必ず気を利かせるべし

「driving」の画像検索結果
こちらは安全な日本に住んでいる私たちがうっかり忘れがちなポイントなのですが、海外では女性の夜間の一人歩きはあまり好ましく思われていません。そのため、暗くなってからは男性が女性を駅に迎えに行くことがごく自然に行われています。そのため、家で飲んでいて遅くなった、レストランで飲んでいて終電がなくなった、という場合はタクシーを呼んであげる、もしくはUberを呼んであげるとスムーズでしょう。Uberだと自分のクレジットカードからお会計ができるのでスマートです。

 

以上が、同居人(オージー・イギリス人)が心がけているポイントでした。二人とも以上の条件をすべて満たしており、かなり女性からモテモテだったのでぜひ参考にしてみてください。素敵なオージー女性の彼女ができますように☆

 

ブログランキング参加中↓↓↓↓↓↓記事が面白いと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

留学に関するお問い合わせ

フィリピン・オーストラリア留学のご相談、執筆依頼、特集依頼については留学JPメルボルン支店までお気軽にお問合せください!

ライター

Saki

カフェとダイビング、そして犬をこよなく愛する福岡出身のアラサー女子。 スペイン1年、フィリピン1年半、オーストラリアへ留学し、英語とスペイン語と博多弁を話すトリリンガル。TESOL(英語教授法)と留学カウンセラー資格を生かして留学JPメルボルンで働いています。ネタはたくさんあるので何でも聞いてください!

Sakiの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

ランキング

イチオシ記事

留学JPオンライン英会話