> メルボルン生活情報 > 【大型書店】各都市で一番大きな本屋をまとめてみた【オーストラリア】
2018/03/29

【大型書店】各都市で一番大きな本屋をまとめてみた【オーストラリア】

この記事は約 2 分で読めます

 

 

学生時代はたくさん本を読んでいたけど、社会人になってからビジネス書ばかり読んでいる気がする…という人は多いのはないでしょうか?かくいう筆者もそのうちのひとりだったりします。学生時代はとにかく大学の空き時間が多かったため、古典を中心に様々な本を図書館で読み漁っていました。

しかし、メルボルンに来てから意外と大型の書店ってないものだなぁ…と感じました。参考書が欲しいのに、愛読書を英語で読みたいのに、どこに行けばいいかわからない…とかなり途方に暮れていたわけですが、そんな同じ悩みを持つみなさんのために今回はオーストラリア全体の各都市にある大型書店をまとめてみました。

 

シドニー:Kinokuniya

言わずと知れた日本発の書店ブランドである紀伊國屋書店のシドニー店。なんとトータル300000冊もの本が用意されており、日本とほとんど同じ感覚で利用ができるでしょう。ちなみにその近くにあるAbeey’sBookshopも大型書店となるため、どちらも利用ができそうです。

 

メルボルン:Dymocks Melbourne

メルボルンでも大きな通り、コリンズストリートにあるDymocksは、ビルの中の地下へ降りていくスタイルの大型書店です。あらゆるジャンルの書籍が所狭しと並んでおり、欲しいものが見つかるでしょう。ちなみに郊外にも店舗あり。

 

ブリスベン:Folio Books

ブリスベンの大型書店であるFolio Booksでは特に専門書に強く、様々なジャンルの専門書を手に入れることができます。マニアックなジャンルでも、もしかすると運が良ければ見つかるかも…?

 

ゴールドコースト:Nobby Beach Books

40年前から続く老舗の大型書店であるNobby Beach Booksでは、最新の書籍からクラシックのラインナップまで幅広く取り揃えています。

 

パース:Boffins Books

1989年から続く続くパースの書店で、オンラインブックストアもあります。オンラインでもオフラインでも欲しい本が見つかるため利便性が高いのが特徴です。

 

 

ケアンズ:Cairns Books

Cairns Booksはチェーンではなくローカルのオーナーが運営している書店です。

 

 

オーストラリア人が好きな本BEST3

日本では村上春樹などが人気ですが、オーストラリア人はどんな本が好きなのでしょうか?ちょっと気になったので調べてみました。ちなみに参照したのは大型書店チェーンでもあるDYMOCKSのこちらのページより。

  • 第1位:THE HARRY POTTER SERIES/J. K. Rowling
  • 第2位 ALL THE LIGHT WE CANNOT SEE/Anthony Doerr
  • 第3位:BIG LITTLE LIES/Liane Moriarty

だそうです。オーストラリアではフィクション系やファンタジーも人気のようです。

 

以上が各都市の大型書店一覧でした。本が買いたくなったらぜひ行ってみてください!

ブログランキング参加中↓↓↓↓↓↓記事が面白いと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

留学に関するお問い合わせ

フィリピン・オーストラリア留学のご相談、執筆依頼、特集依頼については留学JPメルボルン支店までお気軽にお問合せください!

ライター

Saki

カフェとダイビング、そして犬をこよなく愛する福岡出身のアラサー女子。 スペイン1年、フィリピン1年半、オーストラリアへ留学し、英語とスペイン語と博多弁を話すトリリンガル。TESOL(英語教授法)と留学カウンセラー資格を生かして留学JPメルボルンで働いています。ネタはたくさんあるので何でも聞いてください!

Sakiの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

ランキング

イチオシ記事

留学JPオンライン英会話