> メルボルン生活情報 > 【閲覧注意/続編】結局ゴーストハウスに住み続けることにした件【オーストラリア】
2018/03/26

【閲覧注意/続編】結局ゴーストハウスに住み続けることにした件【オーストラリア】

この記事は約 3 分で読めます

 

こんにちは!今朝試しに手を合わせてみたらいきなり携帯がベッドから落ちてくっそビビってるSAKIです。前回の記事をご覧の皆様にはおなじみのゴーストハウスの件(知らない人はこちらの記事、引っ越し先がとんでもないゴーストハウスだった件を参照)ですが、あの後速攻友人から引っ越しなさいというメッセージが来たり、とりあえず現状でできることを教えてもらったり、アクセスが結構多かったりと何かと反響の大きかったため驚きました。

というわけで、続編としてその後どうなったのかをお伝えしたいと思います。

 

あの後のこと

 

家がとんでもないゴーストハウスだったことが発覚した直後はとてもじゃないけれども家に帰ることができませんでした。友人宅にしばらくお世話になったわけですが、まあそんなことが長くできるわけでもありません。だって居候ですし。

やはりいろいろと今まで起こったこと、実際に幽霊の姿をイメージするだけでも家に帰る気にならず、一週間悶々とした気分で人様の家に転がり込んでいたわけです。

 

でも結局引っ越さないことにした

そして下した結論は、やっぱ引っ越さないという決断です。というのも、実際私は第六感は優れているほうだと自負していますが霊感に関しては多分ほぼなく、幽霊なんぞ見たこともありません。よって、実際に見えない限りは別に害なくね?という結論に至りました。

関連画像

 

また、幽霊に関しては思い込みの部分も多く、いるいると思ってしまうと実際にいないものや現象まで作り出してしまうのでは?という気になってきたからです。また一連の体調不良などに関しては、実際には家ではなく仕事や人間関係など別の面にあったように思います。

という考えに至った理由としては、今朝家にやっと帰ることができたのですが、やはり自分の家が快適で、清潔で、居心地がいいことです。いままで友人宅にいた際は周りのハウスメイトなどにも気を使って料理もできない、洗濯もできない、着替えも十分にない、そんな状態で快適な気分で過ごせるわけがありませんでした。

さらに決定的だったのは、究極に言えばひっこしがめんどくさい。オーストラリアに住んだことのある人ならわかってくれると思いますが、とにかく家探しってインスペクションなども行かなくてはいけないのでとにかくめんどくさいんですよね。

そんなことに労力を割く気力も時間もなかったため、結局は家に帰ることにしました。

 

そもそもオーストラリア人が幽霊に興味なかった

イギリス、アイルランドでは幽霊の話はとてもポピュラーなものになりますが、オーストラリア人にこの件について相談したところ全然盛り上がりませんでした。そもそもオーストラリアではあまりこの手の話は人気がないようで、日本でいう霊媒師などもあまりいなさそうです。

オーストラリア人の友人に相談しても、いや~そういうのはイギリスとかのカルチャーなんじゃね?と言われました。

ホラー映画よりアクション映画のほうがはるかに人気がありそうなオーストラリア。なんだか国民性を感じました。

 

でもいちおう除霊対策はしました

 

「ghost busters」の画像検索結果

 

とはいえやっぱり霊感が強い人からすると恐ろしすぎるらしいので、とりあえずできる限りのことはしてほしいということでやっときました。

ベッドの配置を変えた

ベッドとでかい鏡が向かい合わせになっていたので、ベッドを反対側に移動させた。移動させた際に問題のその場所に黒いシミがあったけど見て見ぬふりをした(こわい)

お部屋に明るいライト置いた

電気を消すと真っ暗になって不安になってしまうマンなので、大きめのライトを買って夜はつけっぱなしで寝ることにしました。結構オシャレなライトなので満足なり。

家にいるときは歌って踊ってる

いくら幽霊と言えどもご機嫌な奴には近づけまい、、、というわけで、家にいる間についてはクラブミュージックを爆音で流し、歌ったり踊ったりするようにしています。はたからから見たら私のほうが怖いと思う。

家は常に清潔、光を入れるようにしている

とにかく明るい雰囲気を保つために家をきれいに掃除し、空いている時間はヒカリを入れるようにしています。すがすがしい気分!

それでもだめなら数珠で何とかなる

家庭の事情で突如福岡の実家に帰らなくてはいけなくなったため、そのときに数珠を持参しようと思います。これでとりあえずは寄ってこないはず。盛り塩もしろと言われたんですが、さすがに塩を置いたほうが怖いんでやめました。

 

というわけで、引き続き様子をレポしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。ちなみに実際に幽霊見ちゃったら即引越ししたいと思います。イギリスではゴーストハウスは物件として人気があるようですが、私は好きで住んでいるわけではないので勘違いしないようにお願いします(涙)

 

続く…

ブログランキング参加中↓↓↓↓↓↓記事が面白いと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

留学に関するお問い合わせ

フィリピン・オーストラリア留学のご相談、執筆依頼、特集依頼については留学JPメルボルン支店までお気軽にお問合せください!

ライター

Saki

カフェとダイビング、そして犬をこよなく愛する福岡出身のアラサー女子。 スペイン1年、フィリピン1年半、オーストラリアへ留学し、英語とスペイン語と博多弁を話すトリリンガル。TESOL(英語教授法)と留学カウンセラー資格を生かして留学JPメルボルンで働いています。ネタはたくさんあるので何でも聞いてください!

Sakiの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

ランキング

イチオシ記事

留学JPオンライン英会話