> メルボルン生活情報 > ナイトライフ > 【留学生、ワーホリでも楽しめる】オーストラリアでのクリスマスの過ごし方
2018/01/3

【留学生、ワーホリでも楽しめる】オーストラリアでのクリスマスの過ごし方

この記事は約 4 分で読めます

 

オーストラリアのクリスマスといえば真夏のクリスマス!24、25日から街はクリスマスムード一色になりますが、日本人留学生にとってはいまいちクリスマス感がないのも事実。街中はタンクトップやTシャツを着ている人で溢れ、きれいなイルミネーションをカップルで眺める…というロマンチックな雰囲気のかけらもありません。

今回は筆者が実際にオーストラリアに滞在してみて感じたオーストラリアのクリスマス、日本のクリスマスとの違い、そして実際に留学生やワーホリ生が楽しくオーストラリアのクリスマスを過ごすためにはどうしたらよいか伝授します!

 

オーストラリアのクリスマスと日本のクリスマスの違い

 

オーストラリアでは、クリスマスは年に1度のビッグイベント。日本人にとっては年末年始がメインというイメージですが、オーストラリアではクリスマス前~1月1もしくは2日までが大きなイベント、となります。そのためクリスマス前から急激に仕事のペースが落ち、25日には完全にお休み、1月2日から本格的に店を開け始める、という流れになります。語学学校や大学、専門学校についてはホリデーが長いため、1月8日~10日まではお休みとしているところがほとんどです。

 

「australian christmas」の画像検索結果

 

また、気温の違いも大きく、日本人の多くがクリスマス感を感じられない理由はここにあるといっても過言ではないでしょう。オーストラリアは南半球に位置しているため、日本とは季節が逆になります。クリスマスシーズンの平均気温は20~34度ととてもじゃないですがコートなど必要ありません。クリスマスはビーチでまったり、という人も多く日本とは全く過ごし方が異なるといってもよいでしょう。

オーストラリアのクリスマスは家族で過ごすもの、という考え方が強く、カップルで過ごすことは稀です。日本だとカップルで過ごし、ケーキを食べ…という方法が一般的ですが、オーストラリアではパートナーや恋人がいる場合は同伴で家族のもとに招待するのが普通です。

 

オーストラリアのクリスマスディナーの流れ

 

オーストラリアのクリスマスでは、家族でディナーをとることが一般的なため、一つの家に家族や親戚が集まってチキンやディナーを楽しみます。その際にプレゼント交換もあり、クリスマスツリーの下にそれぞれが持ち寄ったプレゼントを置いておき、プレゼントをオープンしながらお互いに感謝しあうという流れになります。日本でイメージするふわふわスポンジのケーキを食べるというよりかは、スナック類やクッキー、パウンドケーキ、そしてクリスマスの日用のプリンを食べています。

 

「australian pudding christmas」の画像検索結果

こちらが最もオーストラリアでは一般的なクリスマスプリン。長い期間ブランデーなどに漬け込んで食べるそうですよ。

 

オーストラリアのクリスマスと日本のクリスマスの違いを説明したところで、ほとんどの留学生はオーストラリアに家族なんていないよ!というのが実際の感想だと思います。ここで、私がおすすめするオーストラリアでもクリスマスを楽しむ方法を伝授したいと思います!

 

 

友人同士でパーティーに参加する

 

「party」の画像検索結果

留学生の間で一番ポピュラーな手段はこちら。語学学校やアルバイト先で知り合った友人同士でパーティーをするという方法です。オーストラリアには数多くの留学生が滞在しているため、留学生のためのパーティーイベントがたくさん用意されています。Facebookなどで滞在している場所のパーティーを探してみましょう。留学生は基本的に家族がいないため、暇を持て余している人がほとんどです(笑)そのため、これを機に勇気を出してパーティーに誘ってみましょう。家でパーティーするもよし、バーやナイトクラブのイベントに行くもよし。留学生は留学生同士でエンジョイしましょう。

 

ハウス/ルームメイトとパーティーをする

 

「party housemate」の画像検索結果

 

オーストラリアに留学中は誰しもがハウスメイトやルームメイトがいるものです。(経験上、一人で家を借りている留学生は見たことがありません。)それぞれアルバイトや仕事などでスケジュールが合わなくても、夜にはみんな帰ってくるためこれを機に一緒にディナーをとってみるのはいかがでしょうか。また家にクリスマスツリーなどを飾って雰囲気を盛り上げましょう。ルームシェアではなかなかゆっくり同居人同士が話をしたり、一緒に過ごす時間がないのが実際のところです。クリスマスはハウス/ルームメイトと仲良くなるきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

 

友人の家族のもとにお邪魔する

 

「family dinner」の画像検索結果

こちらは少し難易度が高いかもしれませんが、オーストラリアに家族がいないのであれば無理やり作ってしまいましょう!こちらに長く住んでいる外国人や日本人の中にはすでに家があり、家族もある人もいます。そういう人を見つけたらクリスマスは一人ぼっちアピールをしてみましょう。もしかすると優しい人が家族のディナーやランチに招待してくれるかもしれません。招かれた場合は必ずワインやお菓子など手土産を必ず持っていくようにしてくださいね。

 

恋人とクリスマスを過ごす

 

「couple christmas」の画像検索結果

 

オーストラリアのクリスマスは家族のためのものですが、家族がいない場合は恋人と過ごすのもおすすめです。クリスマスシーズンになると街のデコレーションや、イルミネーション、プロジェクトマッピング、イベントなどが充実します。そのため、恋人同士で出かけるには絶好のチャンスといえるでしょう。特にイルミネーションやプロジェクトマッピングはクリスマス前~25日まで行われているものが多いため、都合が合えばぜひ行ってみましょう。

 

一人旅に出る

「travel alone」の画像検索結果

家族も恋人もいません、ついでに友達もいません。というツワモノに関してはちょっとした小旅行がおすすめです。メルボルンからは電車や車で数時間程度のところにビーチや観光地がたくさんあるため、これを機に一人旅はいかがでしょうか。さらに、オーストラリアの地域によっては25日はすべての電車が無料になるという素敵なプレゼントもありますのでこれを機に遠出してみるのもありですね。

 

日本にいる家族や友人に電話する/一時帰国する

関連画像

 

オーストラリアに友達も恋人も家族もいない、さらに旅行もめんどくさいという人に関しては家でおとなしくしましょう。オーストラリアではクリスマスは家族のためのイベントです。そのため、これを機に離れて暮らす家族に電話をしてみるのはいかがでしょうか?普段言えない感謝の言葉などを思う存分伝えるイベントにしてしまいましょう!また、長期休みを利用して日本に一時帰国するのもおすすめです。

 

以上がオーストラリアのクリスマスを留学生が楽しむ方法でした。ちなみに筆者は24,25日にかけて友人の家族宅でクリスマスランチ、留学生同士でイルミネーションを見る、ハウスメイトとパーティーをする、仲のいい友人宅に夜にお邪魔する、家族に電話するというコンプリートっぷりでした。オーストラリアのクリスマスは楽しもうと思えばとことん楽しめるので、ぜひチャレンジしてみてください!

 

 

 

ブログランキング参加中↓↓↓↓↓↓記事が面白いと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

留学に関するお問い合わせ

フィリピン・オーストラリア留学のご相談、執筆依頼、特集依頼については留学JPメルボルン支店までお気軽にお問合せください!

ライター

Saki

カフェとダイビング、そして犬をこよなく愛する福岡出身のアラサー女子。 スペイン1年、フィリピン1年半、オーストラリアへ留学し、英語とスペイン語と博多弁を話すトリリンガル。TESOL(英語教授法)と留学カウンセラー資格を生かして留学JPメルボルンで働いています。ネタはたくさんあるので何でも聞いてください!

Sakiの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

ランキング

イチオシ記事

留学JPオンライン英会話