> メルボルン生活情報 > 【アシカ&イルカウォッチング】メルボルンから数時間!モーニントン半島が穴場の観光スポットだった【温泉・ワイナリー】
2018/01/3

【アシカ&イルカウォッチング】メルボルンから数時間!モーニントン半島が穴場の観光スポットだった【温泉・ワイナリー】

この記事は約 5 分で読めます

 

 

前回オーストラリアのクリスマスの過ごし方についてご紹介しましたが、年末年始はいかがお過ごしでしょうか。クリスマスから年始にかけてはオーストラリアでは飲食店を含むほとんどのお店がOPENしていないため、実際どうしたらいいかわからない…ということで今年は年末年始を過ごすためにモーニントン半島に行ってきました!今回はその様子をレポしたいと思います。

 

モーニントン半島とは?

関連画像

モーニントン半島はオーストラリアビクトリア州の最南端に位置するエリアとなり、基本的にはFrankstonからSorrentoという地域まで海沿いが続く観光スポットとなります。モーニントン半島はオーストラリア人の中でもちょっとしたリゾート地や保養地として知られていますが、年末年始でもそこまで人が多くなく、ちょうどよい込み具合のため隠れた観光スポットとして知名度が高まっています。温泉やワイナリーをはじめ、美しいビーチ、おしゃれなカフェやレストラン、そしてマリンスポーツ、イルカ・アシカと泳げるツアーなどが充実しているため、しっかり楽しみたいのであれば3日~1週間程度滞在することをおすすめします。

 

モーニントン半島までの行き方

 

メルボルンシティからモーニントン半島まで車でドライブも可能ですが、交通機関で行く場合は電車とバスの利用となります。

 

まずはメルボルンのフィリンダー駅やサザンクロス駅といった大きな駅からFrankston Lineに乗車すれば一本で辿り着くことができます。所要時間は約1時間でFrankstonに到着です。そこからさらにビーチやマリンアクティビティがあるSorrentoまではFrankston駅の正面にあるバス停からバスに乗って行く方法となります。

 

 

Sorrentoまでは時期や時間帯によっては渋滞もあるため、1時間半~2時間半程度は見込んでおくと安心です。Mykiというチャージ式の乗車カードは6ドルで購入が可能なので、必ず事前に鉄道駅の窓口やコンビニで購入をしてチャージまで済ませておきましょう。

 

滞在先について

 

滞在先については様々な選択肢がありますが、基本的にFrankstonかSorrentoのアコモデーションを予約することをお勧めします。Frankstonの宿についてはSorrentoビーチからやや遠くなりますが、大型ショッピングモールやビーチなども充実しているため利便性は高いといえます。Sorrentoについては完全にリゾート地の雰囲気が漂っていますが、長期滞在の外国人も多いせいか生活に必要なものは一通りそろうというイメージです。

 

今回私たちはSorrentoに宿を予約しようと思いましたが時すでに遅しで全く空室がありませんでした。そのためFrankstonのほうに滞在することに。宿泊したのはBest Western Frankston International Motel(ベスト ウェスタン フランクストン インターナショナル)というモーテルです。

「frankston western international」の画像検索結果

こちらFrankston駅から徒歩10分程度とそこまでロケーションがいいわけではありませんでしたが、ショッピングモールのすぐそばだったのでかなり便利でした。

 

「frankston western international」の画像検索結果

お部屋も清潔そのもので、大満足です。ちょっと施設的には古めですが毎日掃除もあり、とても快適でした。アメニティはタオル、紅茶コーヒー、シャンプーリンス、ドライヤーがありましたが、歯ブラシやスキンケア用品は必ず持参しましょう。またドライヤーの風圧が弱いのでロングヘアーの人は持参したほうがいいかも。。。

また朝食についてはアリにすることをおすすめします。ビュッフェ形式で値段の割にはかなり充実しています。最終的に、私たちは毎日朝食を楽しみにしていました(笑)

 

 

ちなみに朝食込みで3泊180ドル(17000円)でした。このクオリティでこの値段だとかなりお得です。スタッフさんも優しくて大満足でした。

 

Frankston/Sorrentoビーチ観光

 

モーニントン半島に来たからには美しいビーチが見たい!ということで、今回は2つのビーチに行くことになりました。ひとつは滞在先のホテルから徒歩5分程度離れたFrankstonビーチ。

 

 

正直そこまで海の透明度はないため泳げはしませんが、桟橋があり、そこから見る夕日は絶景でした。数は少ないですがレストランやバーもあります。ちなみにこの日の気温は20度以下だったので震えていました。かならず厚手のジャケットが必要です。

Sorrentoビーチについてはバスで2時間程度かけて行ってきました。

 

 

モーニントン半島のメインビーチだけあり人でにぎわっています。(それでもそんなに混んでないです)

 

抜群の透明度です。こちらで少し泳いでリラックスできます。また浜辺には美しい貝殻がたくさんあったので拾って帰りました。

 

さすがに観光地だけあり、数多くのおしゃれなカフェが立ち並びます。Sorrentoは小さなショッピング街やレストラン街からビーチにかけてのこぢんまりとした街になっているため、歩いて回っても1時間くらいで十分です。

 

アシカ&イルカウォッチングツアー詳細

 

ソレントではアシカとイルカと高確率で遭遇ができるというツアーがあり、そちらに参加してみました。今回利用したのはMoonraker Dolphin Swimsという現地のツアー会社。

 

 

最初イルカとアシカどっちにする?と話していたのですがせっかくなのでどっちも見たい!ということでセットになったものにしました。こちら11月から4月限定、3時間で160ドル!観光地にしては良心的なお値段です。オフィスを探して数時間歩きましたが、なぜかオフィスがありません。大丈夫かな~という感じだったのですが、とりあえずオンライン上で予約をします。(クレジットカードで支払いです)

 

予約をすると案内のメールが届きます。とりあえず1時くらいに港のフェリー乗り場まで来てね!という超アバウトな感じだったので不安が募ります(笑)

 

フェリー乗り場でうろうろすること数十分、突如巨大なフェリーが現れ、オーストラリア人のstaffさんたちが迎えに来てくれました。こういうことね‥‥。オフィスはありませんので、探さないようにしましょう。

 

いつの間にか周囲には同じツアーに参加するお客さんたちが集まっており、そのままクルーから説明を受けて自分に合ったウェットスーツとフィンを選んでくれます。フィンもスーツも新しかったのでかなり快適でした。シュノーケルセットももらえます。

 

船の中の様子はこんな感じ。奥にコーヒーや紅茶、ココア、お茶菓子が用意されており、自由にとっていい感じです。またトイレは2つあるので安心。アシカとイルカスポットに行くまでに簡単な説明がなされますが、すべて英語なので心していきましょう(笑)スタッフさんたちはかなりフレンドリーなため、わからないことがあってもすぐに聞けました!

 

20分程度船に乗った先でまずはアシカスポットが見えてきました。

 

めっちゃいる‥‥

ひとつの島に大量のアシカがスタンバイしているのには笑いました。そしていざシュノーケリング!ちなみに筆者は泳げないのでライフジャケットひとりだけ着用…はずかしい。

 

大量のアシカが海に飛び込んでそのへんを泳ぎ回っているのでかなり近くで見れます!(タッチはしてはいけません)めちゃくちゃかわいいんですが、かなり体臭がきつく、船に上がった瞬間全身からものすごい魚の腐ったようなにおいが…驚き。アシカってこんなに臭いんですね。しかし感動しました。こちらのアシカタイムはおよそ20分~30分はあったと思います。ゆっくり写真を撮ってもよさそうです。

 

続いてイルカのいるスポットまで向かいます。こちらはアシカのように100パーセント遭遇できるわけではなく、見れないこともあるそうです。また、シュノーケルという形とは少し異なり、イルカが出現する場所まで行き、出現したタイミングで飛び込む、そして縄につかまりながらイルカを見るという流れになります。人が多いため1~3回程度に分けてダイブしますが、潮の流れも速く水もかなり冷たいです。

 

しばらく船の上で待機しますが、待機すること5分…

 

 

きた!!!ということですかさずダイブしました。すると上から水中を見ると、親子イルカが泳いでいるところが見れました。なんとも神秘的な感じ、、ということで大満足です。ちなみに3回にわけて違うメンバーで行きましたが、1、3回目のメンバーは全く見ることができなかったそうです。私は2回目のみダイブしましたが奇跡的に見れたのでかなりラッキーでした。ただ水中で見れなくても船の上からは見れるのでご安心を!

 

そのあとはちょっとしたシュノーケルをして船場まで戻りました。日差しが強いため、必ず日焼け止めは顔も含めて塗っておきましょう。また、かなり風が強くめちゃくちゃ寒かったので厚手のパーカー(真冬用)やズボンなどは必須です。私たちは薄手のパーカー一枚だったので、かなり震えていました。大事なことなのでもう一度言いますが、防寒着はやりすぎくらい持って行っても問題ありません。また船の上で着替えるので、必ず水着の上から着れるものを持っておきましょう。(更衣室はありません)

 

モーニントン(ソレント)おすすめレストラン

 

ソレントには数多くのレストランやカフェがありますが、今回ソレントでも大人気のお店、かつ行っておくべきお店をご紹介したいと思います。

 

 

Fish Fetish

 

オーストラリアはイギリスの植民地であったことで、フィッシュアンドチップスのクオリティーは全体的に高め。こちらのFish Fetishはソレントのメイン通りにある人気店です。

 

外観はこんな感じ。かなり人でごった返しています。

 

「sorrento fish and chips」の画像検索結果

 

店内もかわいいです。

 

早速スタンダードなフィッシュアンドチップスをオーダー!こちらで13ドル

 

 

ポテト多いですが、フィッシュは外はサクサク、中はふわふわ、そしてお魚がおいしく最高でした。ソースは別売りなので好みに合わせて買いましょう。

 

フィッシュアンドチップスを食べたところで、すぐ隣にあるカフェに移動します。

 

Just Fine Food

 

食後のデザートということでお目当てはオーストラリアの伝統的なお菓子、Vanilla slice(バニラスライス)

 

 

先ほどのフィッシュアンドチップスのお店のすぐ隣なので移動もスムーズです。

 

関連画像

老舗、という感じでおしゃれですね。

さっそくバニラスライスをオーダー!

 

3人で一つをシェアしましたが、おそらく日本人だと甘さが強すぎるかもしれないので1つで十分です。バニラの香りとサクサクの生地がおいしい!また食べたいです。コーヒーとオーダーしましょう!

 

ショッピングについて

Frankston駅のすぐそばにはショッピングモールがありますが、メルボルンシティと同じブランドなどになるためあまりお土産を買うのには適していないといえるでしょう。そのため、おすすめなのはSorrentoのショッピング街です。

 

「sorrento shopping mornington victoria」の画像検索結果

ソレントの街には数多くのブティックや靴屋さん、おしゃれな雑貨屋さんが立ち並んでいます。海をモチーフにした作品も多く、シーグラスを使用したアクセサリーも数は少ないですが見つけました。女性陣は見ているだけでテンションが上がること間違いなし。

 

以上、モーニントン半島旅行のレポでした。今回は時間が足りずワイナリーや温泉には行けませんでしたが、ビーチやショッピングだけであればメルボルンから日帰りで行くことも可能なので、ぜひ行ってみてください!

ブログランキング参加中↓↓↓↓↓↓記事が面白いと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

留学に関するお問い合わせ

フィリピン・オーストラリア留学のご相談は留学JPメルボルン支店までお気軽にお問合せください!

ライター

Saki

カフェとダイビング、そして犬をこよなく愛する福岡出身のアラサー女子。 スペイン1年、フィリピン1年半、オーストラリアへ留学し、英語とスペイン語と博多弁を話すトリリンガル。TESOL(英語教授法)と留学カウンセラー資格を生かして留学JPメルボルンで働いています。ネタはたくさんあるので何でも聞いてください!

Sakiの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

ランキング

イチオシ記事

留学JPオンライン英会話