> メルボルン生活情報 > メルボルンでランゲージエクスチェンジに行ってみた~Lion Hotel編~
2017/11/17

メルボルンでランゲージエクスチェンジに行ってみた~Lion Hotel編~

この記事は約 3 分で読めます

 

 

相変わらず友達がいない筆者ですが、今回も引き続き、メルボルンでメジャーなランゲージエクスチェンジに参加してきたのでレポしたいと思います。今回のランゲージエクスチェンジはLion Hotel(ライオンホテル)という名のBARで行われているもので、主に日本人が集まるものになります。こちら、メルボルンに住んでいた友人からオススメされたもので今まで都合が合わずいけなかったため、先日ついにチャレンジすることができました。

ちなみに前回チャレンジしたEL COCOのエクスチェンジについてはこちら(メルボルンでランゲージエクスチェンジに行ってみた~EL COCO編~)の記事参照です。

 

 

Lion Hotelのランゲージエクスチェンジ

 

 

今回参加したランゲージエクスチェンジは、Lion Hotelで毎週火曜日の19時から行われています。私はMeet Upというイベント情報が見れるアプリで発見しました。

 

 

 

 

 

 

ただほとんどの人が口コミで来ているそうで特に予約などは一切必要ありません。システムとしては、オーガナイザーのおじさんが必ずランゲージエクスチェンジの様子を見ており、EL COCOと違ってややオーガナイズされた感が強いようです。21時からはフリータイムとなり自由に話せるみたいですね。

 

 

場所・外観

 

ランゲージエクスチェンジが行われるライオンホテルはの正式名称はMelbourne Central Lion Hotelとなり、こちらメルボルンではかなりメジャーなBARになります。メルボルンセントラル駅の上の階にあるのですぐに見つけられるはずです。

 

 

メルボルンの留学生や若者が集まるBARといえばここ!というくらい留学生には人気がある場所となり、日替わりで様々なイベントが行われています。

 

「Melbourne Central Lion Hotel」の画像検索結果

入り口にはガードマンが立っており、年齢確認のためパスポートや身分証明書を確認されるため必ず持参するようにしてください。(日によってはいないこともあり)

 

 

ランゲージエクスチェンジの様子

 

 

というわけで、いざランゲージエクスチェンジへ。どうせメルボルンだしみんな時間通りに来ないっしょ…と思って(フィリピン思考)、19時半くらいに行ってみます。

 

 

ライオンホテルの中は主に2エリアに分かれており、入り口から入ってすぐのオープンエリアは一般のお客さんが利用していました。ビリヤード台を超えて奥のエリアに進むと、オーガナイザーのおっちゃん発見!この人だ!(アプリに写真が載っていたのでなんとなくわかりました)

 

 

 

おじさん

今日ランゲージエクスチェンジ初めて?

 

Saki

(日本語流暢すぎてこわ…)はい、はじめてです!!

 

おじさん

オッケー。じゃあ簡単に説明するね。毎週火曜日の19時からスタートで、決まったテーブルに僕が配置します。45分ごとにローテーションでメンバーを変えるから、もし一緒に話したい人や話したくない人がいれば事前に僕まで伝えてくれればOKだよそれからペラペラペラ……

 

Saki

とりあえずじゃああの人と一緒のテーブルに配置するのやめてください

 

おじさん

了解、だいじょうぶだよ!じゃあさっそくだけどすぐそこのテーブルに座って!

 

 

という具合に、私と友人のAちゃんはテーブルにつくことになりました。

 

 

ちなみに飲み物については頼んでも頼まなくてもOKという空気感が漂っていましたが、ランゲージエクスチェンジに来ている人の大多数は頼んでいないようでした。ただ個人的にはずっとしゃべっているとのどが渇くのと、場所を提供してくれているBARの採算とか大人の事情を考えると頼まないと悪いかなと思って気持ち程度スプライトのピッチャーを10ドルで頼んで友人とシェアすることにしました。

 

ちなみにおっちゃんは約束通り、私たちが避けてほしいと言った人に関しては一緒のテーブルにつかないように配慮してくれました。これは女性にとっては安全システム…。まじで感謝しかないです。

 

実際に行ってみた感想

 

 

7時半に行ったにもかかわらず、ランゲージエクスチェンジは人でいっぱいでした。みんな結構オンタイムでくるので、時間きっかりに行ってもよさそう。

今回同じテーブルについたのは日本人留学生と、オーストラリア人のおじさん、エストニアからの留学生、マレーシア人でモナッシュ大学院に留学している女性でした。みなさん礼儀正しく、話の内容もバラエティに富んでいたので非常に楽しい感じでランゲージエクスチェンジは終了しました。みんなが日本語を話せるというわけではないので、基本的には英語でのコミュニケーションでした。特に連絡先を交換するというわけではありませんでしたが、毎週通うことによって輪も広がっていきそうですね。

平日だったこともあり、21時のフリータイムが過ぎたあたりで帰宅しました。

 

行ってよかった点

 

行ってよかった点としては、EL COCOよりも日本に興味のある外国人が多いためまじめな人が多い印象がありました。会話の内容も日本の話ばかりではなく、様々なトピックで話すことができたので楽しめると思います。

また、オーガナイザーのおじさんがしっかり見ているため、19時~21時の間はローテーションが組まれています。一人の人とずっと話すより、様々な人と話すことができる、またメンバーに飽きてしまった場合もある一定の時間で変えてくれるので気楽です。(日本人としては自分から席を離れずらいのです…)

さらに、これは女性のメリットかもしれませんが、ランゲージエクスチェンジには日本人女性との出会いを求めてくる変な人もいます。そのため、そういう人に当たってしまった場合はおじさんに事前に伝えておくことによりペアになるのを避けることができます。おじさんはとても優しいので安心です。

 

気になった点

 

メリットでもありデメリットでもあるのが、45分ごとにメンバーが変更になるため、もっと話したい!と思った場合は時間が足りない・物足りない場合もあります。

また参加者の中にはオーガナイズされすぎてて合わない!という人もいるのも事実なのでこれは人によって意見が分かれることでしょう。また日本人比率が高いため、半分は日本人が集まっています。(EL COCOは国籍バランスはまあまあ良いと思います)

 

以上が今回のレポでした!個人的には気に入ったので、また参加したいと思います。

ブログランキング参加中↓↓↓↓↓↓記事が面白いと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

留学に関するお問い合わせ

フィリピン・オーストラリア留学のご相談は留学JPメルボルン支店までお気軽にお問合せください!

ライター

Saki

カフェとダイビング、そして犬をこよなく愛する福岡出身のアラサー女子。 スペイン1年、フィリピン1年半、オーストラリアへ留学し、英語とスペイン語と博多弁を話すトリリンガル。TESOL(英語教授法)と留学カウンセラー資格を生かして留学JPメルボルンで働いています。ネタはたくさんあるので何でも聞いてください!

Sakiの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

ランキング

イチオシ記事

留学JPオンライン英会話