> メルボルン英語学校 > Greenwhich > 【メルボルン留学】GreenwhichでIELTSコースを受講してみた
2017/10/20

【メルボルン留学】GreenwhichでIELTSコースを受講してみた

この記事は約 3 分で読めます

 

メルボルンは段々あったかくなり、そろそろTシャツとジーンズの季節になってきました。また乾燥もひどく、私の周りの日本人の友人は口をそろえてのどが痛い…と言っています(笑)

さて、今回はメルボルンの語学学校、GreenwhichにてIELTSコースを受講してきたのでその様子をレポしたいと思います!ちなみに筆者は年内までにIELTS6.5取得を目指しているのですが、なかなか遠そうな道のりなので頑張りたいと思います。

 

GreenwhicのIELTSコースとは?

Greenwhichメルボルン校では月~木曜までレギュラーの授業、かつ毎週金曜日はIELTSの模擬試験というスケジュールになっています。週25時間ということもあり授業時間は9時~15時までというハードスケジュールの上に、毎週金曜日は模擬試験ということで本当にIELTS試験対策をするうえでは最強の環境と言えそうです。。。ご存知の通り(?)IELTSはスピーキング、ライティング、リスニング、リーディングの4技能をすべてコンプリートしているため、試験1回とも言えどもかなり大変なことで知られています。試験対策は慣れが大事なので、これだけ毎週受けていたら嫌でも点数アップしそうではないですか…ちなみにGeneralとAcademicは一緒に対策ができます。

 

授業の様子・内容

 

授業についてはきっちり9時くらいから始まりました。Greenwhichは講師の管理システムがしっかりしているのか、遅刻してくる先生はほとんどいないそうです。また、IELTSコースの生徒はモチベーションも英語力も高いため出席率も高いようです。

 

内容はスピーキング、ライティング、リスニング、リーディングのすべてを1日のうちにすべてやります。そのため、今日はスピーキングとリスニングだけ、というわけではなくバランスよく学ぶことができます。

 

こちらはリスニングの内容。プリントに沿って音声を聞き、空欄を埋めていきます。音声が流れている間はみんな真剣…。

 

そのあとはクラスメイト同士で答えの確認、その後講師と一緒に不明な点をクリアにしていきます。全体的に質問が飛び交う雰囲気なので自分も積極的にどんどん疑問点を聞いていきます。

 

さらにIELTS対策のみ!というわけではなく時々役に立つ基礎的な文法なども教えてくれます。

 

こちらは発音ですね。過去形にする際にどうするか?という内容で私の中ではこんな簡単なことやるんかい!と思いきや意外と難しい…というか知らない内容が多く驚きます。こうやって基礎に戻ることで、英語力の底上げも行ってくれるようですね。

 

以下、リスニング以外の各スキルの授業内容です。

 

スピーキング

テーマが講師から出されるので、それに沿ってクラスメイト同士で話し合います。先生が教室をぐるぐる回っているので、疑問点などがあればその場で確認することができます。IELTSのスピーキングではシンプルな回答では時間が余ってしまうため、情報をとにかくプラスしていくことを口酸っぱく言われました。

 

ライティング

こちらは基本的なストラクチャーと役に立つフレーズを学びます。学んだフレーズを使って実際にホワイトボードに例文を書きだしますが、これが意外と間違っているのでその場で先生が直してくれます。また個別に宿題も出るので書いたものを提出して講師が添削して戻してくれます。これは毎日でも利用したい…。

 

リーディング

テキストに書いてあるリーディングをその場で読み、回答をします。間違っていたところはなぜ間違っていたのかを全員で確認します。

 

担当の先生について

 

こちら担当の先生はなんとシンガポール人!

元々はシンガポールの保険会社で働いていて、大学の専攻は数学だったそうです。英語教授法の資格をとるために大学に行ったそうですよ。現在の仕事が好きだそうで、気さくでひょうきんな先生です。また完全なネイティブというわけではないので留学生が陥りやすいミスや内容などしっかり押さえてくれているので安心感があります。クラスメイトの中でも評判がよく、人気の先生です。トレードマークはカラフルなニットだそうです。笑

 

クラスメイトの国籍

 

私が受けたIELTSコースはFoundationコースということで、入門編でした。このクラスの国籍バランスはかなり良く、トルコ、イタリア、タイ、コロンビア、ブラジル、フランス、モンゴル、日本など様々でした。Foundationと言えども全体的な英語力が高いためコミュニケーションに関しては全く問題なかったです。昼休みにはクラスメイトと英語を話すため、勉強になることも多かったように思います。

 

まとめ

GreenwhichのIELTSコースを受講してみた感想としては、こちらの学校はしっかりIELTSの対策をするにはベストな学校だなと感じました。逆に言えばすべての授業で真剣に取り組む必要があるため、集中的に点数を伸ばしたい場合はかなりおすすめです!先生の質も高く、カリキュラムもしっかりしているため最低8週間は行きたかったです…。IELTSの点数が必要な方、ぜひトライしてみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

留学に関するお問い合わせ

フィリピン・オーストラリア留学のご相談は留学JPメルボルン支店までお気軽にお問合せください!

ライター

Saki

カフェとダイビング、そして犬をこよなく愛する福岡出身のアラサー女子。 スペイン1年、フィリピン1年半、オーストラリアへ留学し、英語とスペイン語と博多弁を話すトリリンガル。TESOL(英語教授法)と留学カウンセラー資格を生かして留学JPメルボルンで働いています。ネタはたくさんあるので何でも聞いてください!

Sakiの記事

最新の記事

ランキング

イチオシ記事