> メルボルン英語学校 > Discover English > Disover Englishに実際に留学してみた
2017/09/22

Disover Englishに実際に留学してみた

この記事は約 6 分で読めます

 

学校概要

 

 

 

Discover Englishは2010年設立された語学学校です。2013年には教育機関としての質の高さ、学生サポートなどの分野が認められVictorian International Education Awardsを受賞するなど急成長を遂げました。Discover EnglishはNEASやASQAに認定され、今は有名校としてメルボルンで多くの留学生が学んでいます。

 

特にDiscover Englishの特徴として講師の質の高さがあげられます。楽しく、フレンドリーな講師をそろえており、クラスの雰囲気をよくするよう工夫されています。世界中50か国以上から留学生が集まっており、2017年9月の時点での日本人比率はわずか15%!また校内では厳しいEOP(母国語禁止ルール)があり、日本人同士でも校内では英語のみを使用して会話しています。

 

 

コース内容

 

様々ざな国籍、目的を持つ留学生が集まるだけありDiscover English のコースも多彩なのが特徴です。現在入学できるコースは以下の通り。

 

①一般英語コース(General English)

②ビジネス英語コース(Business English)

③ケンブリッジ英検対策コース(CAMBRIDGE)

④大学進学準備コース(ENGLISH FOR ACADEMIC PURPOSES /EAP)

⑤IELTS試験対策コース(IELTS PREPARATION)

⑥ホスピタリティ英語コース(ENGLISH + HOSPITALITY)

⑦個人レッスンコース(PRIVATE TUITION)

 

今回は2週間だけの留学ということで、一般英語コースへ入学することにしました!到着から初日の流れについてはこちら(メルボルン語学学校初日はどんな感じ?実際に入学してみた。)にて記事にしているのでチェックしてみてください!

 

 

授業、レベル分けについて

 

Discover English では以下の通りでレベルが分かれています。

 

一般英語の場合

Biggner

Elementary

Pre-Intermidiate

Intermidiate

Upper Intermidiate

Advenced

 

試験対策の場合

Cambridge Foundations

FCE

CAE

Business English

IELTS(AcademicとGeneralは一緒のクラスとなります)

それぞれのレベルで1~3クラス程度に分かれており、朝の場合はAM、昼からの授業の場合はPMと表示される仕組みです。

 

授業は主に午前組と午後組に分かれていますが、自分がどちらに入るかどうかはレベルによって変わってくるようです。スケジュールを渡されるため、そちらに従う形になります。ちなみに私はAdvancedかつ一般英語だったので午前のクラスに入ることになりました。これは朝方の人と夜型の人で好みがわかれそうですが、わたしは朝から授業受けたい派だったのでラッキーでした。

 

クラスの国籍バランス

 

私が通っているのが9月なのですが、Advancedの一般英語クラスの人数は13人程度でした。ただ一般英語の場合はクラスメイトがその時バケーションだったり、来なかったりするため正確な人数把握できていないというのが実際のところです。2週目にして初めて見る生徒などもいたりなどなかなかカオス(笑)

 

国籍についてはコロンビア人3名、スウェーデン人1名、チェコ人1名、タイ人2名、日本人私を含め2名、スペイン人1名、ポーランド人1名、韓国人1名、イタリア人1名、、、という感じです。アドバンスになると日本人比率はぐっと下がり、欧米系と南米系がやや多めになります。またIELTSやケンブリッジ英検対策になるとアジア系と欧米系が半々くらいになるようです。

 

2017年9月時点では日本人が15% コロンビア、タイ、台湾13~15%程度、そのほかの国籍がこちらに続く形となります。

 

※国籍バランスは変化するため事前にこちらまでお問い合わせください

 

 

講師について

 

Discover English では10週間が1タームとなり、1冊教科書が終了するサイクルになっています。さらに、1週間のうちに先生2名がローテーションになるシステムとなります。そのため別の先生が担当ことによってマンネリを防ぐことができるのがメリット。1名はオーストラリア人の陽気な先生で、もう1名はアラブ系オーストラリア人の非常に熱意のある先生、そしてもう一人サブで来てくれた先生は韓国で教えたことのあるイケメンの先生でした。Discover English ではかなりの割合で日本に住んでいた、韓国に住んでいた、という経験を持つ先生も多く驚きです。

 

ちなみにアラブ系の先生の名前はALI先生と言います。ぱっと見は厳しそうな感じなのですが、教えることに対して非常に熱心で、しっかりと授業プランを立ててためになることを教えてくれる感じですね。ちなみにALI先生の紹介動画はこちら。

 

 

どうでしょうか。画面から熱意があふれていると思います。そして授業に遅れたり休んだりするとしっかり怒られます(笑)

 

使用するテキスト

 

ちなみに使用しているテキストはこちら。

 

 

どのレベルの生徒も同じテキストになりますが、それぞれレベルによってわかれています。リーディング、リスニング、文法、ライティングなどそれぞれがバランスよく入ったテキストとなり、先生もこれだと教えやすそうな感じですね。

 

 

 

授業はだいたいこのテキストに沿って行われます。8時半~13時の間に4技能をまんべんなく学ぶ感じなので、内容が偏ることはほぼありません。また授業の中で役に立つ教材をプラスαで教えてくれるなど、自習もはかどりそう。

 

ちなみにこちらが授業の様子。こちらはアドバンスのクラスになります。

 

 

 

ALI先生はSNSをうまく使って授業を進めており、Facebookのグループにその日の課題やテーマなどを書き込み、どんどんシェアしてくれます。例えば興味深いものとしては、30日チャレンジというかたちで30日毎日続ける内容についてポストして、授業で話し合おう!というものです。

 

これはみんながどんなことをやっているのかを見れるためなかなか面白い試みだと思いました。時代はSNSですねぇ…。

 

どうしてこんなに講師の質が高いのだろう・・・と思いスタッフさんに聞いてみたところ毎週金曜にmeetingをやったり、定期的にトレーニングをしているとのことでした。万が一生徒からネガティブなフィードバックが来た場合はすぐにアカデミックマネジャーで伝わり、担当の講師と話し合うようになっているんだとか。迅速な対応が素晴らしいですね…。また、学校自体も先生とコミュニケーションをとって大事にしているそう。

 

 

キャンパスの様子

 

外観

Discover Englishは街の中心にあるビル型の学校になります。

 

 

このようなドアがあり、緑色のボタンを押すと自動で開きます。押すまで開かないから注意が必要です笑

 

教室

 

 

こちら授業中の様子です。壁にはメルボルンらしいアートが施されており、いい感じですね。おしゃれ!

 

 

小ラウンジ

 

 

こちらは教室のある階に設置されている小さなラウンジのようなものです。授業の休み時間や始まる前などはここでみんな留学生同士で交流を楽しんでいました。

 

こちらはMeeting Room。各階にありますが、実はここ、母国語OKエリアとなっています。基本的にはEOPルールがあるため、ほとんどの留学生が家族に電話連絡するときなどに使ってます。そのほか特に用途は決まっていないようで私はいつもここで作業しています。笑

 

パソコンルーム

 

 

こちらはコンピューターラボ。コンピューターは20台程度おいてあり、自由に使用することができます。ちなみにここでワークショップなどが開催されています。

 

この日は授業で使用されていたのか、満席に近い状態でした。。。

 

食堂

 

こちらは食堂です。すでに夕方だったので誰もいませんが、昼休みや放課後はかなり混み合っています。

 

 

食堂には冷蔵庫や電子レンジ、シンクなどもあり自由に利用することができます。

 

そして自動販売機も。お水もカフェも2ドルから購入できます。

 

ちなみにスクールツアー動画も作成したので是非チェックしてみてください!

 

 

周辺情報

 

Discover Englishは中心にあるため基本的に食べるものに困ることはありませんでした。というよりかは、お店がありすぎて迷ってしまうくらいです。個人的に近くにあってよかったなと思うお店や施設は以下の通り。

 

・観光地としても有名なカフェ街(徒歩3分)

・大型ショッピングモール(徒歩10分)

・スーパーマーケット(徒歩5分)

・サブウェイ(徒歩3分)

・セブンイレブン(徒歩3分)

・各社銀行(徒歩5分以内)

・主要駅(徒歩5分)

・トラムストップ(目の前)

 

何と便利なロケーションなんでしょうか。フィリピンとは大違いですな…

 

スタッフインタビュー

 

今回、インタビューしたのはDiscover English の日本マーケティングマネジャーのMOEさん!

 

 

早速ですが、簡単な自己紹介をお願いします!

滋賀県出身のMOEと申します。Discover Englishでは日本のマーケティングとスチューデントサービスの両方を担当しています。メルボルンには移住して3年ですが、その前はキャンベラに1年、アイルランドに1年留学していました。留学カウンセラーを1年半経験した後に現在は語学学校で主にマーケティングを担当するようになりました。留学生としての視点、ワーホリメーカーとしての視点、留学カウンセラーとしての視点を持つようにいつも心がけています。

 

Discover English の良さってなんでしょうか?

Discover Englishは授業のコースがたくさんあって選択肢が広いことがポイントですね。一般英語から試験対策、そしてホスピタリティ英語など目的に合わせたコースがきっと見つかるはずです。さらにケンブリッジ英検、TOEICの公式試験センターでもあるので慣れた環境でばっちり試験に臨むことができます。また最近はオーストラリア教育団体にも伸びてきている学校として認められているのも大きなポイントかもしれません。

サポート体制に関しては日本人スタッフが3名いるので自信があります。細かいケアを目指しているので、必ず1週間目にカウンセリング、さらに長期留学の方は3か月に一回カウンセリングを行っています。それ以外にも予約していただければいつでも対応は可能ですよ。常に日本人スタッフに声をかけることができる、という環境が安心感につながっていると思います。

 

勉強だけではなく+αのところにも力を入れており、アクティビティを多めにすることで実際に楽しみながら英語を話してもらえるように工夫しています。ボランティアの手配等も無料で行っていますよ。

 

これからもっと良くしていきたいところは?

もっとEnglish+αに力を入れたいと考えています。勉強だけではなく、英語を使って何かアクティビティに参加して楽しんでもらえるよう、現在いろいろなことを考えている途中です!楽しみにしていてください!

 

どんな生徒さんにおすすめでしょうか?

Discover Englishは真面目な生徒さんが多く、しっかりと英語をやりたい人におすすめの学校です。毎週レベルアップテストがあるので、レベルの合わないクラスにい続けることがなくそれぞれのペースでレベルアップをすることができます。コースの変更もかなりフレキシブルで、希望がある場合はすぐに相談してくださいね。とはいえ、勉強ばかりではなくそれ以外のところでも素敵な経験ができるようにアクティビティなどを通じてサポートさせて頂きます。Academic Funをモットーに楽しく学びましょう!

メルボルンはシドニーやゴールドコーストに比べ日本人がやや少なく、ヨーロッパの文化を残す落ち着いた街並みが広がる美しい街です。カフェ文化も色濃く残っているため、カフェ巡りが好きな方にもとってもおすすめです!イベントも多く開催されているので、楽しいですよ。

 

以上、MOEさんインタビューでした!

実際に会ってみたのですが、とても気さくで美人な方でした!(しかも優しい!)私の中ではメルボルンにいる日本人女性は美人ばかりというイメージがそろそろ固定しつつあります(笑)

 

料金表

 

そして気になる料金はこちら。

 

 

※料金は変更になる場合もございますので詳しい見積もりはこちらまでお問い合わせください

 

 

まとめ

 

Discover Englishに実際に留学してみた感想としては、まじめに、しっかり勉強したい人にオススメの学校かなと感じました。またアットホーム感もありますので初めて留学する人や初級の人でも安心して勉強できそうな雰囲気があります。とにかく授業と講師が特にしっかりしている印象をうけたので、本気で勉強したい、英語力を伸ばしたい人はぜひDiscover Englishがおすすめです!

日本人スタッフさんも優しくサポートしてくれるので、安心して留学生活を送ることができました。個人的には機会があればぜひまた戻って勉強したい学校さんです!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

留学に関するお問い合わせ

フィリピン・オーストラリア留学のご相談は留学JPメルボルン支店までお気軽にお問合せください!

ライター

Saki

カフェとダイビング、そして犬をこよなく愛する福岡出身のアラサー女子。 スペイン1年、フィリピン1年半、オーストラリアへ留学し、英語とスペイン語と博多弁を話すトリリンガル。TESOL(英語教授法)と留学カウンセラー資格を生かして留学JPメルボルンで働いています。ネタはたくさんあるので何でも聞いてください!

Sakiの記事

最新の記事

ランキング

イチオシ記事